中小企業向け
セキュリティ
ソリューション

SMBで起こりがちなセキュリティの
お悩みを解決します

中小企業によくある課題 Common Challenges

中小企業におけるIT整備が進んでいく一方、専任の担当者がいなかったり、十分なコストをかけられなかったり、
様々な問題からサイバー攻撃対策に力を入れることが困難な状況も見受けられます。

本サイトでは、中小企業によくある課題とそれらの解決策について、それぞれご紹介したいと思います。

製品・サービス Products / Services

中小企業で実施すべきさまざまなセキュリティ課題に対応した
SOMPOリスクマネジメント株式会社が提供するセキュリティ関連の
製品・サービスについてご紹介させていただきます。

セキュリティ対策が必要な
ポイントから探す?

WEBアプリケーション脆弱性診断〈Lightプラン〉
UTM + SOMPO SOC
標的型攻撃メール訓練<Light>
サイバー保険
SOMPO SHERIFF(標準プラン)
SOMPO SHERIFF(Lightプラン)
SOMPO SHERIFFの標準プランはサイバーセキュリティお助け隊マークを取得しました! ※詳細はこちら
?
?
?
?
?

多層防御

多層防御は入口対策から内部対策、出口対策を複数行います。
サイバー攻撃の脅威には多層防御による対策が非常に効果で特に近年増えている未知の脅威に対して有効的な対策です。未知の脅威の被害により多くの情報漏えい事件が発生しておりますが未知の脅威は常に新しい方法で侵入を試みるので完全な防御が困難となった今は未知の脅威の侵入してしまったときの対策として多層防御が重要視されています。

ホームページを守る!

中小企業のホームページがサイバー攻撃を受けた事例が多発してます。
事例のほとんどがホームページの脆弱性が原因であり企業にとって深刻な脅威になっています。サイバー攻撃によりホームページの改ざんや情報漏えいを未然に防ぐためにWEBアプリケーションの脆弱性診断を定期的に行うことをお勧めします。

インターネットの出入口を守る!

社外からのウイルスの侵入やサイバー攻撃から社内ネットワークが安全性の確保して被害者にならない対策と社内から情報漏えいやウイルスを社外へ排出する加害者とならない様な対策が求められていますのでUTMのアラートログを24時間リアルタイムで分析してインシデントの疑いの際は初期の対応方法とともに通知するインターネットの出入口を監視サービスは非常に有効的となります。

従業員の皆さまを教育する!

特定の企業や組織を狙った標的型のサイバー攻撃が大きな脅威となっています。攻撃手段としては標的型メールやフィッシングメールになります。攻撃被害を最小限にするには従業員が怪しいメールを受け取った場合にメール内の「URLをクリックしない」「添付ファイルを開かない」を判断でき騙されることなく速やかに管理部門に報告される体制造りになりますので定期的な訓練をお勧めします。

万が一に備えて保険を!

標的型攻撃メールやホームページの改ざんなど、サイバー攻撃による事故が中小企業などで頻発しており、サイバーリスクに対してより慎重な対応が求められています。パソコンやインターネットへ更に急速に依存していく事業環境においてはサイバーリスクは事業活動を脅かす大きな経営課題の一つであります。事業継続においてのサイバーリスクの対策としてサイバー保険の加入をお勧めします。

パソコンを守る!

ウイルス対策ソフトを簡単にすり抜けてる未知や新種のウイルスによる被害が多くでています。既にウイルスがウイルス対策ソフトをすり抜けてパソコン内に感染して潜んでおり活動する機会を伺っている可能性も十分にあります。今求められる対策としてウイルスの検知と感染した後の初動の対応を迅速に行うことでありこの対策をEDR(Endpoint Detection and Response)と言いい、EDRは従来のウイルス対策ソフトでカバーできていなかった領域の対策するサービスになります。

製品・サービスから探す